記者:島田菫(13)

 「『差異があれば必ず報告すること』の『差異』という言葉の意味が分からなかった 」

 工場に勤めるある若者が、製品の原料の割合が普段と違うことを、上司に報告せずに会社に損害を 与えてしまう 出してしまった 事故の原因 となった 。

 「日本の若者は学力が低下している」 最近この文句をよく聞くような気がする。

 日本の学習到達度調査( PISA )の読解力の成績は、 2000 年には 31 ヶ国中 8 位だったのが 2003 年では 40 ヶ国中 14 位と確かに低下している。(文部科学省ホームページより)

 しかし、順位が少し落ちてしまったくらいで学力が低下してしまったと本当に言えるのだろうか。

島田康行筑波大学准教授

 筑波大学、文芸・言語専攻准教授の島田康行氏はチルドレンズ・エクスプレスの取材にこ う のように 答え て下さっ た。「学力低下という言葉が一人歩きをして、その内容が十分に考えられていない一面がある 。 」

 それでは、学力低下とはなんだろうか。学力は何で測ることができるのだろう。「テストの点が悪くなること=学力低下」というならば、なるほど、確かに日本の学力は低下している。

 だが、例えば学校のテストでなら 、 順位が 8 位から 14 位になってしまっ ても たことは 、「成績が下がってしまった」と大騒ぎするような 成績の ダウンだろうか。 6 位ぐらいなら次のテストで逆転できる可能性があるのではないのだろうか。

 今一度、学力とはなにかについて再認識する必要があるだろう。

 そこで、メディア開発センター研究開発部の小野教授は、大学生を対象とした「正しい言葉の意味を選びなさい」などの語彙力のテストと「本や漫画の作者を知っているか?」のテストを同時に実施した。その結果、日本の若者の語彙力、語学力が低下していることがわかり、日本語力の低下は本や漫画などを全く読んでいない若者には特に顕著に見られた。また、本と漫画を両方読む人、本を読む人の語彙力はどちらも高いが、漫画だけを読む人には、ばらつきが見られた。漫画の質にもよるのだろうと小野教授は推測している。

 また、 PISA のテストでは記述式の問題に「無回答」が目立った。ことばの知識が少ないので、考えて物事をまとめる力、読みやすい文章に変える力が低下し、作文が書けなかったのかもしれない。

 では、語彙力を 向上させ 上げ るにはどうすればいいのだろうか。小野教授はこのように語った。「自分の興味のある本を片っ端から読めばいい。雑誌でもいい。先生がこの本がいいといって無理に本を薦めると逆に読む気をなくしてしまう可能性もある。あくまでも自分から読みたいと思うことと、とにかく文字に接することが大切。また、読んで新しく得た知識を友人との会話の中で話題にして的確に説明する力をつけよう。たくさん読書をしている人に知識ではかなわない 。 が、 本を読んでいて、分からない単語があればすぐに調べて、じっくりと時間をかけて根気よく知識を増やしていけば良いい 。 」

 携帯電話のメールのしすぎも原因の一つ ではないかとよくいわれる だと懸念された 。 だがそれは 「一理あるが 、 結局は時間の使い方。今では大学の新入生への有効な「時間の使い方」の授業もあるくらいだ。携帯電話のメール機能を頻繁に使う人の語彙力が低いのは事実だが、メールを使っていなくても、その時間寝ていては何の変わりも無い 。 」と小野教授は 全てをメール機能の責任にするにはおかしいと 言う。

 結局は、本をよく読むべきなのだ。本を読み、知識を増やし、その知識を自分が物事を考える際に生かすことが出来れば、日本語がさらに身に付くばかりか、きっと面白くなる。

 私たちの国の言葉、日本語。その言葉をもっと大切にするべきなのではないだろうか。言葉は生きている。しかし、漢字の形が簡単になる、略字ができるなど、言葉が簡単になってきている。日本語の扱いが粗雑になっているのだ。

 「日本語は美しい」とよく聞くが、どんな美人でも美しくあろうと努力しなければ魅力をあまり感じなくなってしまう。日本語の手入れを怠ってしまったら、それは美しい言葉ではなくなってしまうのだ。できることなら我が国の美人、日本語の美しさを永久に保っていきたい。

Copyright (C)Youth Express Japan All rights reserved.