記者: 川口洋平( 17 )

 「『差異があった場合は報告すること』という注意書きの“差異”という漢字の意味が分からなかったために、会社に損害をもたらした」…。これは NHK のクローズアップ現代( 2006 年11月8日(水))で放送された、とある工場で実際にあった事例である。

 「差」は小学校四年生、「異」は小学校六年生で習う漢字だ。一つ一つの漢字の意味は知っていても、その二つの組み合わせである「差異」という熟語の意味が分からなかった社会人がいたのである。教育に関する研究開発を行っている 、 メディア教育開発センターが、大学生 18,000 人に語彙力のテストをしたところ、中学生レベルである学生が 60% に達した大学もあった。

 若者の語彙力や漢字能力の低下の原因はなんであろうか。

 原因の一つとして、携帯電話のメールやパソコンの影響があると言われている。語彙力と携帯電話使用時間の関係を 一日の携帯電話使用時間で 見 てみ ると、大学生レベルの語彙力を持つ人 の携帯電話使用時間は 一日 で 、 平均 35 分。一方、中学生レベルの語彙力しかない大学生の平均 使用時間 は 65 分であるということが、メディア教育開発センターの調査で分かった。

メディア教育開発 センターの小野博教授

同 メディア教育開発 センターの小野博教授は、「確かに携帯電話の使用時間と語彙力に関係性はあるが、携帯電話を使っていないからといって、 ただ 寝てい たので て は意味がない」。つまり、時間の使い方が問題 なの だと指摘している。

 また、他の原因として、 メール等で使われる 所謂「ギャル文字」と言われ てい る メール等で使用される 変体文字があげられる。崩した文字や、適 当 切 な漢字を日常的にケータイメールで使用 する した 結果、語彙力が低下したのではない だろう か というのである 。

 日本語学を専門とする、筑波大学の島田康行准教授は 、 「ギャル文字は 、 ケータイなどの新しいツールの出現や、対話より も メールを主とするような 、 コミュニケーションのあり方の変化の中で生まれている。そういう文字を使ってよい場面をきちんとわきまえることが大切 。 」という。

 しかし、 ギャル文字ばかりを使っていると、肝心なときに使い分けられなくなってしまう ことにもなりかねない 。 そのためにも 、 崩した字を使うのもいいが、 やはり 正しい漢字や語彙も身につけることが大切だろう。小野教授は「言葉を増やすのは、あっという間にはできない。本を読んだり、新聞を読んだりして語彙を増やすことが大切だ」という。昔から「本を読め」と良く言われるが、やはり基本はそこなのであろう。

 ではどのような本を読めばいいのであろうか。小野教授によると「自分の興味のある本を読めばいい。雑誌でもいい。先生が 文学的にいいと 薦める本を無理して読まなくてもいい 。 」 、 そして語彙力が高まる読み方として「本を読んでいて、分からない単語がでてきたら、すぐに辞書で調べるか周りの大人に聞くこと が大事だ で語彙力が高まる。 」という。

 さらに うれしいことに、 小野教授は「マンガを読むことも一概に悪いとは言えない」という。大学生を「小説を読む人」、「小説とマンガを読む人」、「小説は読まないがマンガを読む人」、「なにも読まない人」と分けて語彙力との関係を調べたところ、「小説を読む人」と「小説とマンガを読む人」はやはり語彙力が高かった。「なにも読まない人」が低いのは当たり前だが、 意外にも 「小説は読まないがマンガを読む人」は人によってばらつきがあった。つまり、マンガの中身や読み方が重要で、マンガを読むこと自体が悪いというわけではないのだ。

 島田准教授は語彙力や漢字力を高めるには「ひらがなで書かずに漢字で書くことで 、 どのような効果が得られているのか 、 を考えてみることが大切。また、日本語の語彙体系の中で 、 その言葉がどのような位置を占めているのか 、 を考えながら学ぶと 、 漢字が身につくだけでなく、いろいろな言葉が適切に使えるようになる 。 」という。

 語彙力や漢字力の低下は、パソコンやケータイメールの影響だととられがちだが、パソコンやケータイを使っていても、雑誌やマンガも含めて本をたくさん読み、しっかりと漢字の意味を理解し使用していけば、漢字力の低下は防げるのかもしれない。

Copyright (C)Youth Express Japan All rights reserved.