CE記者がNHK 新・BSディベートに出演 ~私の感想

CE記者がNHK 新・BSディベートに出演 ~私の感想 2007/08/26

 CE記者4名が8月26日新・BSディベート ~ いじめとどう闘うか~ (NHK衛星第一:22時10分~24時00分)に出演した。

記者の感想

藤原  沙来 (17)
 今回は2回目ということもあり緊張することもなく、自分の意見を簡潔に言うことができたので、前回よりは良い体験をすることが出来たかなと思います。
 いじめについての詳しいデータはなかなか得られないので、先生方4人の討論は非常に勉強になりました。
 また、前回とは違い、当事者の意見を直接聞くことが出来て、私自身にとっても参加した皆にとっても有意義な時間にすることが出来たのではないかと思います。
 前回に引き続き参加させて頂き、ありがとうございました。川口 洋平(17)
 簡潔に自分の考えをまとめるということが、これほど大変だと思いませんでした。書くのと、話すのは意見を言うということに関しては同じなのに、伝え方が違うのだなと改めて実感しました。こういうことが分かったということだけでも、とてもいい経験になったと思います。
  これからは、どんな状況でも素早く自分の意見をまとめ、簡潔に話すという練習をしていこうと思います。大久保 里香(15)
 前もって質問に対する答えを準備していたのにもかかわらず、いざとなると緊張してうまく自分の意見をまとめて発言することができませんでした。誰かの前で意見を発言することにもっと慣れなくてはならないと感じました。
  また、番組の出演を通して自分の意見を簡潔にわかりやすく表現することの難しさを実感しました。これからもCEの活動を通して自分の意見がもっとうまく言えるようにがんばりたいと思います。

原 衣織(15)
 私は CE の記者になって6年目になりますが、 TV で自分の意見を言う経験は今回の『新 BS ディベート』が初めてでした。収録中はとにかく緊張の連続で、意見を聞かれた時も、緊張のあまりその前に考えていたことがすっぽり頭から抜けてしまい、なんとか要点だけを簡単に言うのが精一杯でした。
  他にも色々と反省点はありますが、このような貴重な経験をさせていただき、とても嬉しく思っています。有難うございました。

参考:新BSディベート wikipedia